H&パートナーズ法律事務所

採用情報 ご相談予約はこちら

072-702-7101受付時間 平日 9:30〜18:00

個人 相続・遺言

申述期間徒過後に相続放棄が認められた事例

依頼者 70代・女性ほか2名

事案の概要

亡くなられたご主人の家族であるご依頼者は,ご主人にプラスの財産もマイナスの財産もほとんどないと考えていました。そのため,ご主人が亡くなられた後も,相続放棄の手続きをとらないままに相続放棄の申述期限である3か月の期間を徒過してしまいました。ところが,ご主人には昔購入した自宅のローン債務約900万円を負っていることが判明したために,ご家族でご相談に来られました。

解決のポイント

依頼者の方々が,ご主人の住宅ローンに気付かなったのは,ご兄弟のうちの一人が数年前に破産手続きを行ったことにより,住宅ローンは全て無くなったものと認識していたからでした。しかし,ご主人は,そのローンの連帯債務者となっており,一人の債務が無くなってもその債務は存続していたのです。 相続放棄の申述期間が徒過した場合でも,期間を徒過した相当な理由がある場合には,相続放棄が認められます。本件では,ご家族の方としては,まさか住宅ローンがまだ残っているとは思ってもいなかったという事情がありました。これを裁判所に対して主張することによって,期間を徒過した相当な理由があった,と判断してもらい,無事に相続放棄を行うことができました。相続放棄の期間を徒過した場合でも,相続放棄ができなかった相当な理由があれば相続放棄は認められることがあるのです。