H&パートナーズ法律事務所

採用情報 ご相談予約はこちら

072-702-7101受付時間 平日 9:30〜18:00

個人 離婚・不倫トラブル

資金力のない不貞相手(不倫相手)から一括で慰謝料50万円を獲得

依頼者 20代女性
相手方 20代女性
子ども 1人(1才)
解決までの期間 約3か月間

相談に来たきっかけ

ご依頼者は,ご主人が女子大生と不貞行為(不倫行為)をしていたことを知り,その女子大生に慰謝料の請求をしたところ,働いていないのでお金を払えない,と言われたためご相談に来られました。

事案の概要

ご依頼者は,結婚3年目でお子さんが一人いますが,ご主人を許し,今後も婚姻関係を続けていくご意向でした。ですので,不貞相手(不倫相手)がご依頼者に慰謝料を払った後に,ご主人に対して求償することは望んでいません。また,ご主人の不貞行為(不倫行為)期間は5か月程でした。

解決内容

相手方は,女子大生で収入がないため,慰謝料の分割払いを求めていました。しかし,弁護士が介入することにより,不貞相手(不倫相手)の求償権を放棄させたうえで,相手から一括で50万円を支払う合意内容を獲得することができました。

解決のポイント

慰謝料を分割で支払う方法は,相手が途中で支払いを怠った場合に慰謝料を回収できなくなるおそれがあります。とりわけ,相手に財産がなく,働いてもいない場合には,相手が支払わなくなった時点で慰謝料の回収は事実上不可能となります。そこで,相手に慰謝料を一括で支払ってもらえるように交渉をすすめていくことが重要となり,本件ではその交渉が功を奏しました。